2018年8月の長根JBC

2018年8月5日 チャレンジリーグ第6戦 (vs 東郷ファイヤーズ) <Cチーム>

2018年8月5日(日) 東郷小学校グラウンドにて、チャレンジリーグ予選リーグ最終戦となる第6戦 東郷ファイヤーズ戦が行われました。

 結果は7-2で勝利し、チャレンジリーグ通算3勝2敗1分となり、予選リーグを勝ち越すことができました。

東郷ファイヤーズ先攻で始まった試合は、いきなり先頭打者ホームランを浴びるも、その後は先発投手4年生の瑛水くんの安定した投球が光りました。攻撃では、安打こそは少ないものの、ボールを見極め出塁し、着実に得点を重ねました。そんな中、4年生優波くんが、ツーベースヒット、犠牲フライを放つなど躍動しました。

これで、チャレンジリーグの予選リーグは全試合を消化しました。長根JBCが所属しているBブロックにて7チーム中上位4チームに入れると、今後開催されるチャレンジリーグの決勝トーナメントに出場できます。他のチームの結果待ちとなりますが、決勝トーナメントに出場の際は、CチームもAチーム、Bチームに続き上位を目指すぞ。


監督コメント(VS東郷ファイヤーズ戦)

チャレンジリーグ最終戦、強敵との一戦でした。炎天下での試合でしたが、長根JBCの攻撃は長く、守備の時間は短かった為、選手の体調面の心配は少なくなりました。

初回1点を失うも大事な所でしっかり点を取る事が出来ました。

MVPは瑛水です。

4回まで打者13人に奪三振4、与四死球0と素晴らしいピッチングを見せてくれました。

優秀選手は玲奈・優波です。

玲奈はセンターのポジションで右中間を破るような当たりを猛ダッシュで追いかけダイレクト捕球し、見事なファインプレーを見せてくれました。

優波は得点圏にランナーを置き、左中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ち、続く打席でも満塁からのレフトへの犠牲フライを打つ活躍をしてくれました。

今回新入部員が3人遠征し、試合の雰囲気を感じる事が出来ました。即戦力になってくれることを期待します。


2018年8月3日 第62回中日少年野球大会・ポッカサッポロ杯1回戦 (vs 青山クラブ) <Aチーム>

2018年8月3日(金) 大高グラウンドBコートにて第62回ポッカサッポロ杯2回戦(1回戦シード)青山クラブ戦が行われました。

ポッカサッポロ杯は先の中日少年野球大会瀬戸予選で優勝したことを受けて、瀬戸の代表として挑む大会です。強者が集まる大会だけに、初戦から強敵との戦いです。

試合は4回まで3-3と緊迫した試合が展開されましたが、5回表の長根JBCの攻撃が無得点で終わると、5回裏に大量得点を許し、そのまま時間切れによる試合終了となりました。

結果は3-8で、ポッカサッポロ杯初戦敗退となりました。

愛知県内に、まだまだ数多くの強いチームが存在する事を実感させられる大会となりました。

また、このよう強者が集まる大会に参加出来る様、そしてその大会で1つでも多く白星を飾れるよう、皆で頑張ろう。

監督コメント(VS青山クラブ戦)

結果は敗戦で終わりましたが、終盤まで拮抗した好ゲームとなりました。

痛かったのは本塁での2つの走塁死、走塁ミスによるものでした。

打つ守る練習と共に走塁練習の必要性を感じた試合となりました。

蒼大のホームラン、和志のスリーベースヒットは見事なバッティングでした。また、和志の後ろに逸らさないキャッチングも見事だったと思います。

また、気持ちを新たに次の大会に臨みましょう!