10月の長根JBC

2017年10月9日 長根JBC体験会

10月9日(祝) 長根JBCの体験会が開催され、長根小学校 1年生1名、2年生1名の2名が体験会に来てくれました。

主にバッティングを体験して頂き、最後には長根JBC部員に交じり、ティーボールの試合にも参加しました。

楽しそうに打って、捕って、走っている姿が印象的でした。

 

次回は10月28日(土) 13:00~ 長根小学校グラウンドにて体験会を実施予定です。

またのご参加をお待ちしております。

また、他の参加者もお待ちしております。楽しく野球をしましょう。


2017年10月8日 ふれあいカップCチーム vs 東郷ファイヤーズ戦

10月8日(日) ふれあいカップCリーグ 第5戦 東郷ファイヤーズ戦が長根小学校にて行われました。

試合は8-5で長根JBCが勝利し、ふれあいカップCチーム通算4勝1敗となりました。

8得点は挙げたものの、四死球を絡めた得点が多く、安打による得点が少なかったのは今後の課題です。

 

東郷ファイヤーズさんと言えば、昨年のティーボール大会の決勝でサヨナラ負け、同じく昨年のふれあいカップの決勝トーナメント1回戦でサヨナラ負けを喫するという、長根JBCにとっては、大きな壁となるチームでした。

今回の大会予選では、なんとか長根JBCが勝利する事が出来ましたが、また決勝トーナメントで対戦する機会があるかもしれません。

また、その機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

ふれあいカップの試合の後に、11月に迫ったティーボールの練習試合もさせて頂きました。

課題がいくつも見つかり、長根JBCにとっては、価値ある練習試合でした。

また、昨年同様ティーボール大会の決勝で対戦できると良いですね。

監督コメント(東郷ファイヤーズ戦を終えて)

なぜか苦手意識がついていたチーム。学年が違えど昨年サヨナラ負けを喫して以来の試合。

有名チームに怖気づいて選手が崩れなければいいが…と感じながら試合開始。

試合内容は相手チームの外野へのヒット性の打球をバンザイしてしまう場面が2回もあり、5失点全てにエラーが絡んでしまいました。

ただし、守備では盗塁阻止、三塁走者の隙を見て送球タッチアウトがあり、良好点もありました。

内容はともあれ結果、勝利を収める事が出来たのは選手の自信になります。

MVPは雄干です。

先発雄干の1球目が試合を左右すると感じ、見守りながらの初球は見事にど真ん中ストライク!

そして三振を含め3人の打者を7球で終えるピッチング。出来過ぎの立ち上がりでチームの勢いをつけました。

優秀選手は駿です。

見事にとらえた打球はきれいにレフトへと運びタイムリーヒットとなりました。

最終回では1イニングをピシャリと3人で抑えてくれました。

 

来週も四年生以下の試合があります。

この勢いのまま勝利を勝ち取るぞ!!


★10月度 長根JBC 体験会実施★

10月に3回、長根JBC(長根小学校野球部)体験会の実施を予定しております。

小学校1年生~5年生の長根小学校の児童及び自校に野球部がない小学校児童を対象としております。

是非、お友達をお誘いの上、長根小学校グラウンドまでお越し下さい。

尚、事前連絡は不要です。途中参加、わずかな時間帯での参加でも構いません。

 

<日時>

 10月7日(土)、9日(月祝)、28日(土)

 13:00~17:00(途中参加、帰宅時間自由)

<場所>

 長根小学校グラウンド

<服装、持ち物>

 動きやすい服装、及び靴。飲み物をご持参下さい。グローブ、バットはこちらでもお貸しできます。

 

※雨天の場合、中止になることがあります。

 事前に、「問い合わせ先」「長根JBC体験会案内(10月度)」の連絡先にお問い合わせ下さい。


ピッチングマシン導入!!

この度「せとジュニアスポーツ団体応援補助金制度」を利用し、ピッチングマシンを購入しました。これにより、飛躍的に練習の効率が上がることは間違いありません。制度利用にあたり、多方面からのご支援ありがとうございました。

長根JBC関係者一同、御礼申し上げます。

このご支援を無駄にしないよう、練習に励んでいきます。


2017年10月1日(日) ふれあいカップBチーム第4戦 vs 豊田レッドスターズ戦

10月1日(日)豊田 新生グラウンドにてふれあいカップ(Bチーム)第4戦 豊田レッドスターズ戦が開催されました。

試合は18-7で、見事長根JBCが勝利し、ふれあいカップ(Bチーム)通算2勝2敗となりました。

相手の豊田レッドスターズさんは、5年生の主力がAチームの試合に帯同しているとのこと。3年生を中心とした控えメンバーでの試合となり、ベストメンバーからは程遠いとのことでした。

一方の長根JBCは、メンバーはほぼ主力が揃っていたものの、普段の慣れたポジションではなく、今後、新たな幅広い可能性を見出すべく、慣れないポジションで試合に臨みました。

攻撃面では、1回表の長根JBCの攻撃で相手のエラーと四死球、長短打で一挙に10得点。その後も毎回得点で、合計18得点を挙げました。相手の隙を突いた好走塁が随所に光りました。

守備面では、公式戦初先発となった5年生、和志くんの力強い球、2番手翔乙くんの安定した投球が光りました。

途中からは、3年生も順次出場し、遠征メンバー全員がピッチに立つことができました。

一人が3ポジションくらい守れるようになると、今後の試合も色々なバリエーションで挑むことが出来、ますます強いチームになることでしょう。

 

豊田レッドスターズさんとは昨年もふれあいカップで対戦し、その際は負けました。また、今度ベストメンバーにて対戦させて頂けたらと思います。

また宜しくお願い致します。

 

監督コメント(豊田レッドスターズ戦を終えて)

相手チームは、主力選手を欠いた状態での試合になり残念ではありましたが、長根JBCとしては、可能性を広げるべく初先発や新たなポジションを守る選手が多く、白星を上げたいところでした。

勝利したものの、練習でやったことや当たり前のプレーが出来ていない場面が数え切れないほどありました。

反省点はしっかり反復練習したいと思います。

MVPは和志です。

初先発でド緊張となったと思いますが、持ち前の強肩から繰り出されるスピードボールは相手を圧倒していました。また、振り切ったスイングで地を這う速い打球となりランニングホームランもあり、大活躍となりました。

優秀選手は東です。

あまり練習していないキャッチャーを任されたのにもかかわらず、見事なキャッチングが出来ていました。また、相手の三振振り逃げもコーチに言われる事なく、しっかりタッグができ成長を感じました。走塁面でも、わずかに転がったパスボールも隙をついてホームに突っ込み持ち前の足の速さを発揮していました。

他にも長打を打った選手もいたし、ナイスプレーで走者をアウトにした選手もいました。

もっともっと練習して強いチームに勝てるよう頑張りましょう!