2018年9月の長根JBC

2018年9月24日 第6回グリーンシティケーブルテレビ学童交流軟式野球大会(vs グレートブラザーズ) <Aチーム>

2018年9月24日 第6回グリーンシティケーブルテレビ学童交流軟式野球大会第一回戦 グレートブラザーズ戦が三郷小学校にて行われました。

本大会は、守山区・尾張旭市・瀬戸市の小学生野球チーム(6年生以下)が、トーナメント方式で9月から11月末までの間、熱戦を繰り広げる大会です。

9月に入ってからの天候不順により、長根JBCの初戦は延びましたが、見事3-2で接戦をものにし、二回戦へと駒を進めました。

試合内容は、ピッチャー翔乙君が、粘りのピッチングで、要所要所を抑え、相手チームへ試合の流れを渡しませんでした。毎回、毎回、緊迫した場面が続き、誰一人、気を緩める事はありませんでした。最後まで集中力を切らさないプレーと、強い気持ちで勝ち取った勝利です。いつも以上に、グラウンドもベンチも一つになり、とても良い雰囲気でした。

次は、ブルースカイ少年野球クラブ戦です。皆の力を一つにし、更に高みを目指そう。

監督コメント(VSグレートブラザーズ戦)

プレイボールから試合終了まで緊迫した試合展開となりました。

長根JBCにとっては珍しく先制点を取り、それを守りきる試合運びで、見事、僅差で勝つことが出来ました。

MVPは拳慎です。

攻撃では2つの長打と守備ではセンターへの鋭い打球を見事にキャッチして、勝利に大きく貢献しました。

優秀選手は東・芭瑠・駿です。

東は、先制となるライト線へのタイムリーヒット、そして見事な走塁で本塁を陥れました。東だからこそできるスーパープレーでした。

芭瑠は、ライトフライが上がれば誰よりも大きな声を出して他の守備を制し、積極的にフライを取りに行けました。

駿は、2つのファインプレーを含め6つの打球を難なく捌き、鉄壁な守備を見せてくれました。

次戦も強敵です。ヒット数で上回れるようバッティング練習を重ねよう!


2018年9月23日 尾張東部教育リーグ第1戦(vs 日進ベストドリームズ) <Cチーム>

2018年9月23日 尾張東部教育リーグ第1戦 日進ベストドリームズ戦が長根小学校にて行われました。

本大会は4年生以下(女子は5年生以下)を対象とした、全9市町、全34チームを5ブロックに分けたリーグ戦で、7チームによる総当たり戦を行います。

第1戦となった日進ベストドリームズ戦は、12-7で見事初戦を勝利で飾りました。

長根JBCは序盤から得点を重ね、6回で12得点。試合後半4~6回に7点を返されましたが、そのまま試合終了となり、教育リーグ1勝を挙げました。

この試合は何と言っても11安打を放った打線が勝因と言えます。特にチーム唯一の女子部員5年生玲奈さんの3安打は見事でした。力強いバッティングから繰り出される打球は、守備のグローブをはじき、外野を転々とさせました。

本大会は19年1月までの長丁場となる大会です。この大会中での選手達の成長も楽しみです。


監督コメント(VS日進ベストドリームズ戦)

6イニング毎回得点で、計12点と大量得点で勝利を収めることが出来ました。しかし、凡ミスやルールが分かっていない動きが見られました。当たり前のプレーが出来ていないので、もっと練習をしなければいけません。また、多くの新入部員が初めて試合に出る事が出来ました。

MVPは玲奈です。

外野の選手もファンブルしてしまう速い打球を含めた4打数3安打の打撃成績でした。日に日に上達が見られ、クリーンナップが現実味を帯びてきました。

優秀選手は優太・奏斗です。

優太は4打数2安打の活躍。新入部員の奏斗は初打席初安打を放ちました。それぞれ今後に期待できるバッティングでした。

さぁ、第二戦も勝利目指して頑張ろう。


2018年9月17日 第24回 尾張学童軟式野球大会 2回戦(vs スポーツクラブボンフリー) <Aチーム>

2018年9月17日 瀬戸南グラウンドにて第24回尾張学童軟式野球大会2回戦(1回戦シード) スポーツクラブボンフリー戦が行われました。

初回に3点、4回に1点を奪われ、4点を追いかける6回の長根JBCの攻撃で、4番拳慎くんのタイムリースリーベース、5番和志くんのタイムリーヒットで3点を返し1点差まで詰め寄りましたが、あと一歩及ばず、3-4にて惜敗となりました。

先発ピッチャー翔乙くんは6回を一人で投げ切る粘りの投球を見せてくれました。

全体的にミスの少ない締まった試合となりましたが、あと一歩打ち勝つことが出来ませんでした。このような接戦をものにできる、打ち勝てるチームになれる様、一人一人の更なるレベルアップが必要です。

 

スポーツクラブボンフリーさんお手合わせありがとうございました。次の試合も長根JBCの分まで頑張って下さい。


監督コメント(VSスポーツクラブボンフリー戦)

先制され苦しい展開となりましたが、終盤に追い上げ、あと1点差まできたところでの敗戦となりました。

相手はかなりの強力打線で、4失点で抑えられたのはピンチの場面での長根JBCの好守備が光った為だと思います。次戦勝利する為には、長根JBCも強い打線になるよう日々練習しなければいけません。

さぁ、次は勝ちにいくぞ!


2018年9月16日 第15回 ウィンターリーグ少年野球 卒業大会 第1戦(vs 保見ケ丘少年野球) <Aチーム>

2018年9月16日 長根小学校グラウンドにて第15回 ウィンターリーグ少年野球卒業大会第1戦 保見ケ丘少年野球戦が行われました。

試合は3-5で敗戦となり、ウィンターリーグ初戦を白星で飾ることができませんでした。

ウィンターリーグ卒業大会は全36チームが4ブロック(各9チーム)に分かれ、総当たり戦で、各ブロック1位が決勝トーナメントに出場できるという大会です。

初戦となった保見ケ丘少年野球戦は、今後の長期戦を見据えて、今までほとんど守ったことがない守備位置にて試合を行いました。

先制を許し、逆転するも、再逆転され、最後は突き放される展開で敗戦となりました。

選手達にとっても、それぞれのポジションの大変さや難しさを感じることが出来、良い経験ができたことでしょう。

ともあれ、敗戦は敗戦で、選手1人1人に反省点がありました。

まだ卒業大会は始まったばかりです。

残りの試合に全部勝利し、1位で決勝トーナメントに出場できるよう力を合わせて頑張ろう。


監督コメント(VS保見ヶ丘少年野球戦)

選手には普段とは全く違うポジションを守ってもらいました。いつもと変わらないのはレフトだけで、あとは守り慣れないポジションでした。

ピッチャーも蒼大・剛紀・和志ともに、普段ピッチャーをやっていないので大変さが伝わってきました。駿も練習すらやっていないキャッチャーをよく頑張りました。

色々な可能を見出すべくとった采配で、敗戦となったものの収穫ある試合でした。

打線が繋がらないのは、もっともっと練習する余地があります。


2018年9月8日 第14回紅葉杯少年軟式野球大会1回戦(vs 效範少年野球クラブ) <Aチーム>

2018年9月8日 長根小学校グラウンドにて第14回紅葉杯少年軟式野球大会1回戦 效範少年野球クラブ戦が開催されました。

試合は0-7で紅葉杯1回戦での敗退となりました。

この試合は、守備面、攻撃面共に效範少年野球クラブと差がありました。失策数、四死球数は長根JBCが多く、安打数は、效範少年野球クラブ6安打に対し、長根JBCはわずか1安打のみとなり、守備、攻撃とも更なるレベルアップが必要という事を痛感した試合となりました。

 

今後も大きな大会が続きます。少しでも良い成績が残せるよう、また、頂点を目指し皆で頑張ろう。

教頭先生、並びに松浦先生をはじめ、多くのご声援を有難うございました。

 

 


監督コメント(VS效範少年野球クラブ戦)

紅葉杯第一回戦、守備では与四死球・エラーで余分なランナーを許し、攻撃では凡打凡打で1安打に抑えられ、打てない守れない試合をしてしまい、全てにおいて完敗となりました。

褒められるところはなく、悔しさ残る敗戦となりました。

練習繰り返すのみです。