2017年11月の長根JBC

2017年11月19日 ふれあいカップBリーグ 決勝トーナメント1回戦 vs 三好コミュニティーズ戦

11月19日(日) みよし市中部小学校にてふれあいカップBリーグ 決勝トーナメント1回戦 三好コミュニティーズ戦が開催されました。

試合は序盤から緊迫した投手戦となりました。3回に長根JBCが1点を奪うも、4回の裏にエラーから2点を奪われ逆転される苦しい展開。5回表の長根JBCの攻撃で同点に追いつき、ドローのまま時間切れとなり、試合はそのまま6回の延長タイブレークに突入しました。ノーアウト満塁から4番拳慎君のレフト前タイムリーと内野ゴロの間で2点を奪い、4-2としました。6回裏の相手チームのタイブレークでは、守備で、ライト前に落ちようかという打球にライト優太くんが素早く反応し、ダイビングキャッチ。飛び出したランナーをアウトにし、見事ダブルプレーを取りました。最後のバッターをセカンドフライに打ち取りゲームセット。ふれあいカップBリーグ決勝トーナメント1回戦を苦しみながら突破しました。

6回を投げ切った翔乙くんの安定したピッチングは見事でした。そして随所に見せたライト優太くんのファインプレーもチームを救いました。エラーが重なった4回の守備には課題がありましたが、その他は安定しており、全体的に引き締まった良い試合だったと思います。試合を終える度に、もっと練習したい!という気持ちが高まります。

 

三好コミュニティーズさんは、4年生が多いメンバーということでしたが、選手同士の指示も的確で、とても素晴らしいチームに感じました。先発投手の球も素晴らしく、長根JBCのクリーンヒットは1本程度と抑えられました。また是非ともお手合わせを願いたい、そう感じさせるチームでした。

 

三好コミュニティーズさんの分まで、このまま勝ち進むぞ!!

監督コメント(三好コミュニティーズ戦「を終えて)

ついに始まったふれあいカップ決勝トーナメント、一回戦は三好コミュニティーズ。

相手ピッチャーの球が速くてコントロールも良く、なかなか打てませんでした。

三回、相手チームのエラーが絡み1点を先制し、この1点を守り切ろうとしたものの、長根も1イニングに3つのエラーで逆転されました。

最終回に同点に追いつきタイブレーク(ノーアウト満塁4番から)で、これまで不調だった拳慎がレフトへクリーンヒット!続いて内野ゴロの間に追加点。

守ってはライト優太のファインプレーがあり、ダブルプレー!相手の攻撃は0点に抑え勝つことが出来ました。

MVPは、やはり優太です。

ライトフライ、ライトゴロ、ライトライナーファインプレーと、3つの打球全てを上手くサバきました。3年生とは思えない守備力でした。

優秀選手は2名、拳慎と翔乙です。

拳慎は、プレッシャーのかかるタイブレークの場面で見事にレフトへヒットを放ち、大事な場面で4番の仕事をしチームを勝利に導きました。

翔乙は、調子は良くないもの要所要所を抑えました。肘の悪化も気になりましたが110球程度を一人で投げ抜き完投しました。

 

2017年11月11日 瀬戸市学童新人戦秋季大会準々決勝 vs 效範少年野球クラブ戦

11月11日(土) 瀬戸市東グラウンドにて 瀬戸市学童新人戦秋季大会 效範少年野球クラブ戦が行われました。

3回までは3-3と拮抗した試合展開でしたが、4回表にヒットと長根JBCのエラーや四球等で一挙6点を奪われ突き放されました。その後は得点を奪うことが出来ず、結果3-12で敗戦となり、長根JBCの学童新人戦秋季大会が終了しました。

敗者の言い訳になってしまいますが、主力2名の病気による離脱と、それにより、普段と異なった守備位置での試合を強いられたことは思った以上に大きかったように思われます。

 

学童新人戦も終了し、今シーズンの残りの公式戦は、ふれあいカップのBリーグ、Cリーグの決勝トーナメントを残すのみとなりました。

最後まで全力で頑張りますので、今後もご声援の程、宜しくお願い致します。

2017年11月5日PM ふれあいカップCリーグ vs 青木グレート戦

11月5日PM ふれあいカップCリーグ 青木グレート戦が長根小学校グラウンドにて行われました。

2-7で敗戦となり、ふれあいカップCリーグ通算3勝2敗となりました。

午前中に行われた、ふれあいカップBリーグと同様、走塁ミスや守備のミスも多く、無駄な失点を献上する場面が多かったです。その中でも先発した3年生瑛水くんは、2回、3回を3人で攻撃を退けるなど、安定した投球を見せてくれました。

 

本日は、2戦2敗とあまり良い所が見られず、試合の後の反省会では、『状況判断』という言葉が出ていました。

無理してはいけない場面、勝負する場面など、その試合展開により、どのような動きをすべきか、選手は判断する必要があります。それは非常に難しいことですが、練習、試合を重ねていくことで覚えていくしかないでしょう。

 

とにかく、この3連休は、ティーボール大会、学童軟式野球大会、ふれあいカップと、選手にとっては大変な3日間でした。

来週は、学童軟式野球大会の準々決勝(效範少年野球クラブ戦)が予定されてます。

同じミスは繰り返さずに、悔いの残らない試合を期待します。皆様の更なる熱い応援をお願い致します。

2017年11月5日AM ふれあいカップBリーグ vs 市木フェニックス戦

11月5日AM ふれあいカップBリーグ 市木フェニックス戦が市木小学校グラウンドにて行われました。

結果3-8で敗戦となり、ふれあいカップBリーグ通算2勝3敗となりました。

序盤は味方のミスや四球により2回までに8失点と苦しい展開。攻撃でも走塁ミスが随所に見られ、結果、相手ピッチャーを助ける形となりました。守備、攻撃共に噛み合わない、課題が多く残る試合でした。

2017年11月4日 第38回 全日本学童軟式野球大会 瀬戸予選大会1回戦 水南スパークス戦

11月4日(土) 学童軟式野球大会瀬戸予選大会の1回戦 水南スパークス戦が、瀬戸市東グラウンドにて開催されました。

長根JBC先攻で始まった試合は、3回まで両チームとも無得点と緊迫した試合展開となりました。迎えた4回表の長根JBCの攻撃。四球と安打、相手のエラーも絡み、一挙9点を奪う猛攻で勝利を決定付けました。一方の守備では、2投手によるリレーで得点を許しませんでした。結果的には、3塁も踏ませず、1本のヒットも与えず、まさに投打が噛み合った試合となりました。

控え選手、観戦者からの大きな声もあり、これも長根JBCにとって大きな力となったのは間違いありません。

5回コールド9-0で瀬戸予選大会1回戦を突破、次は、效範少年野球クラブとの準々決勝です。

この調子で、次の試合も盛り上がっていきましょう。

監督コメント(水南スパークス戦を終えて)

3回まで両者得点出来ない投手戦。ついに4回、ヒット・フォアボール・エラーを絡めて一挙9点をあげ、5回コールドゲームとなりました。守ってはノーヒットノーランリレーで試合を締めることができました。

MVPは4回まで被安打0の駿です。

見事なクリーンヒットも打ちました。

これで水南戦は1勝1敗です。次の機会に勝ち越すぞ!

2017年11月3日 第13回愛知県ティーボール大会

11月3日(祝)第13回愛知県ティーボール大会が森林公園第1・2野球場にて開催されました。

台風の影響で、2週間ほど試合から遠ざかっておりましたが、本日は晴天に恵まれ、まさにティーボール日和となりました。

ティーボール大会は4年生以下(女子は6年生まで)+2名のお母さんが参加可能な大会ということで、長根JBC5年生応援の下、長根JBC4年生以下のメンバー+お母さん方が昨年に続き躍動しました。昨年の準優勝以上の結果!とまでは至りませんでしたが、見事32チーム中4位(敢闘賞)の好成績を収めました。

 

<予選リーグ>

全4チームによる総当たり戦。長根JBCは見事3連勝し、3年連続決勝トーナメント進出を決めました。

初戦: 長根JBC 14-10 布袋ブラックファイヤーズJr.A

2戦目:  長根JBC 13- 2 TMジュニアA

3戦目:  長根JBC 17-5 大森北ボールクラブ

<決勝トーナメント>

1回戦:    長根JBC 8×-7  東山フェニックス

準決勝:  長根JBC 9-10× 高嶺JEL

3位決定戦:  長根JBC 9-10× 梅森ジャガーズ

決勝トーナメント1回戦は、東山フェニックスということで、同じ瀬戸市内のチーム同士の対戦となりましたが、見事長根JBCが勝利を収め、準決勝へと駒を進めました。その後、準決勝で、高嶺JELに敗れ、3位決定戦で、梅森ジャガーズに敗れました。しかし、堂々の4位で、敢闘賞を頂きました。

 

選手並びにご参加頂いたお母さん方、本当にお疲れ様でした。また、朝早くから選手達の為に動いて下さったご家族の皆様に、感謝申し上げます。

 

来年こそ優勝して、全国大会に出場するぞ!

 

優勝されました、高嶺JELの皆さん、おめでとうございます。全国大会でのご活躍を期待しております。