9月の長根JBC

2017年9月24日(日)フレッシュリーグ決勝トーナメント1回戦 vs ブル・ファイターズ戦

9月24日 長根小学校グラウンドにて、フレッシュリーグ決勝トーナメント1回戦 ブル・ファイターズ戦が開催されました。

長根JBCが主導権を握り、3回まで6-0とリードを広げるものの、4回にブル・ファイターズの猛攻により一挙8点を奪われ逆転される嫌な展開となりました。しかし、5回の裏の長根JBCの攻撃で、4番拳慎くんの2点タイムリーツーベースにより、同点に追いつき、延長サドンデスに突入しました。ノーアウト2,3塁からスタートとなるサドンデス。先攻ブル・ファイターズが6点を挙げたのに対し、長根JBCは3得点に留まり、結果11-14で惜しくも決勝トーナメント1回戦で敗退となりました。

 

本試合を以って、フレッシュリーグでの長根JBCの挑戦は終わりました。決勝トーナメントも含め、全9試合は、長根JBCに大きな成長と、多くの課題を与えてくれました。全対戦チームの皆様、大会運営をして頂いた東栄レッズの皆様ありがとうございました。

監督コメント(ブル・ファイターズ戦を終えて)

非常に悔しい敗戦となりました。

6対0からの逆転負け…。

当たり前に処理出来たはずの1アウトがエラーにより取れない代償は非常に大きく、大量失点に繋がりました。

練習で出来ても試合で出来ない。

これは試合の雰囲気やランナーが付く事で慌てる結果、悪送球やファンブルとなり、さらに負の連鎖が続きました。

 

ただ良いところもありました。

外野からの中継が上手くいき、蒼大のバックホームで走者を本塁でアウトに出来ました。

また、4番拳慎がやってくれました。

レフトオーバーのホームラン!

また、バッティングに復調の兆しが見えてきています。優秀選手は拳慎です。次戦も期待できそうです。

 

最近敗戦が重なっていますが、敗戦から多くの反省や教訓を学べます。

その敗戦を無駄にしないよう次に繋げていきましょう。

2017年9月3日(日) ふれあいカップB vs ドリームボーイズ戦

9月3日 長根小学校グラウンドにて、ふれあいカップBリーグ ドリームボーイズ戦が開催されました。

結果は2-8で敗れ、ふれあいカップBリーグ通算1勝2敗となりました。

 

4回までは1-2と均衡していましたが、5,6回と四死球、エラー、相手の小技により失点を重ねました。

打線は最終回6回に2本のヒットで1点を返しましたが、トータル3安打と苦しい試合内容でした。

練習の成果が見られた場面、練習が活かされなかった場面と両方ありました。素早く状況判断が出来る様、今後も更に練習を重ねるしかありません。

 

まだまだ残りの試合が多く残ってます。残り全勝を目指して、頑張りましょう。

監督コメント(ドリームボーイズ戦を終えて)

さすがグラブチームという感じでした。

長根のヒット性の当たりも見事に取られ、堅実なバント攻撃もあり、相手チームの思うようにやられてしまった感じでした。

ただシートノックをやるだけではなく、具体的な練習を増やさなければいけないと思いました。

優秀選手は駿・和志です。

駿は左中間を破るスリーベースヒットはお見事でした。

和志は二盗を二つも刺しました。

キャッチングは勉強中ですが、強肩ぶりは相手キャッチャーより上でした。

さぁまもなく始まるトーナメント戦、勝ち上がるぞ!