2018年4月の長根JBC

2018年4月29日 ろうきん杯2回戦(vs ゴールデンファイヤーズジュニア戦)<Aチーム>

4月29日(日) 浦里球場にてろうきん杯2回戦ゴールデンファイヤーズジュニア戦が行われました。

試合は、初回にいきなり6点を奪われ、苦しい立ち上がりとなりました。一方で攻撃面では、序盤はチャンスを活かせず、なかなか得点することができません。ゲーム終盤に連打で反撃し、4点を返しましたが、序盤の失点が響き、結果4-9で敗戦となりました。

長根JBCのろうきん杯は2回戦で終了しました。

凡ミスも目立ち、いつもの長根JBCの力が発揮できなかった気がします。また、相手も同じ条件ですが、試合前の準備も十分に取れず、何かバタバタとした状態で試合に突入してしまったような気もします。

今後もこういった状況は多々あると思います。その中で如何に準備し、ベストな状態で試合に挑めるかというのも今後の課題かもしれません。

最終学年となる6年生にとって、また、1つの大会が終わりました。少しでも多くの試合に参加できるよう、皆で頑張ろう。

監督コメント( vs ゴールデンファイヤーズジュニア戦)

ろうきん杯第2戦、緑区浦里球場で行われました。試合よりも先ず駐車場問題を何とかしたいですね。駐車場が少なく路駐を余儀なくされ、試合中に車を移動させるよう指示を受ける。試合どころではありませんでした。

長根JBCは立ち上がりピッチャーの調子が悪く四球先行の立ち上がりとなり、苦しい展開で初回に大量得点を奪われました。後半に打線が繋がり4連打のヒットで3点を奪うも追い上げ実らず敗戦となりました。選手は緊張感からか与四死球やエラーや有り得ないミスをして自滅した感がありました。

活躍したのは剛紀です。2打数2安打1ファインプレーでした。セカンドを守った剛紀、ファーストが後逸いたボールを見事にカバーリングしてそのままファーストベースを踏みアウトにしました。見ていた人全てが歓声をあげるほどの超格好良かったプレーでした。打っては2安打1打点と長根JBCの意地を見せてくれました。次も活躍お願いします。

さぁ暑くなってきますが良い汗かきながら、自信を持って戦おう!


2018年4月28日 チャレンジリーグ第1戦 (vs 守山レッツ戦) <Cチーム>

4月28日(土)小幡小学校グラウンドにてチャレンジリーグの初戦となる守山レッツ戦が行われました。

試合は2-4で敗戦となり、チャレンジリーグ初戦を勝利で飾ることが出来ませんでした。

チャレンジリーグは4年生以下(女子選手は5年生以下)の大会となりますが、現在の長根JBCは2年生、3年生も含めないと、9人が確保できません。本日の試合も、2,3年生を含め、全9人で試合に挑みました。一人でも途中で怪我をしたり、調子が悪くなるなどして、試合に出れなくなると、その時点で敗戦となってしまう厳しい状況の中、最後まで精一杯プレーすることできました。

課題は多くありましたが、Cチームとして挑んだ最初の試合であり、これから色々なことを学んでいく事でしょう。

次は絶対に勝つぞ!

監督コメント( vs 守山レッツ戦)

チャレンジリーグ初戦、長根JBCは4年生以下で9人しかおらず、エントリーするか否かを迷った学年。1人欠ければ相手チームに棄権を告げなければならず、当日まで試合がやれるかやれないか分からない状態。そんな中、当日9人が揃い何とか試合にこぎつけました。内容は当然エラーばかりで敗戦でしたが、まぁ何とか試合になっていたように思います。

さぁ次は勝てるように頑張ろう!


2018年4月22日 長根JBC体験会

4月22日(日)午後 3年生の男の子3名と、1年生の男の子1名が体験に来てくれました。

その日は、午前中の試合に引き続き、午後からも6年生と一部の5年生、4年生が試合で遠征した為、チーム全メンバーで迎える事が出来なかったのですが、残った5年生以下の選手達と、ティーボールを通して交流したり、野球の基本である、投げる捕るなどの練習を体験してくれました。野球は点を取る事も大事ですが、点を取られない事もとても重要です。

先ずは、一緒にボールとグローブの使い方を勉強しながら、何よりも「一生懸命野球を楽しむ事」を忘れず、部活動を行える事を部員及びコーチ一同、楽しみにしています。

次回も4月29日㈰ 午後1時から体験会を予定しています。道具(グローブ)がなければお貸しできますので、動きやすい服装と帽子、水筒(暑い日は多めに)をご用意の上、長根小学校グラウンドまでお越し下さい。

また、今後も随時体験会は行って参ります。


2018年4月22日 午後 尾張東部春季大会第4戦 (vs 緑ヶ丘ウィングス戦) <Aチーム>

4月22日 午後 緑ヶ丘小学校グラウンドにて尾張東部春季大会第4戦 緑ヶ丘ウィングス戦が行われました。

結果は10-2で勝利し、尾張東部春季大会リーグ戦通算3勝1敗としました。

攻撃面では、4番 6年生 拳慎くんの打った瞬間それとわかるホームラン、6年生 東くんの粘りの打席やシングルヒットによる一塁からの三塁への好走塁。6年生 翔乙くんの2安打、6年生悠樹くんの4盗塁、6年生 芭瑠くんのチャンスを広げるライトへの痛烈なヒット、6年生 剛紀くんの無死1,2塁からの確実な送りバント、5年生 蒼大くんのライトへの痛烈な打球などなど、良い所が随所に見られました。

守備面では、先発ピッチャー 5年生 駿くんの5回2失点の好投、リリーフピッチャー 6年生 和志くんの力強いピッチングによる無失点リリーフなど、投打で相手を圧倒することができました。

エラーの少ない、堅い守備で、締まった試合を展開する事ができました。

 

21、22日と2日間で3試合と、厳しい日程を3連勝で乗り切ることができました。

しかも、本日の試合はこの3連戦で、一番良いゲームが出来たのではないでしょうか。

来週は、初のCチームによる公式戦、ろうきん杯(Aチーム)が待ち受けてます。

まだまだ長根JBCの快進撃は続きます。

監督コメント( vs 緑ヶ丘ウィングス戦)

尾張東部第4戦、午前中に行われたBチームの試合で勝利のバトンを受け取ったAチーム、「絶対勝って来いよ!」と増井コーチに送り出されて出発しました。試合は攻守ともに理想の展開となり、勝利する事ができました。スコアブックに記された6イニングでの失策はわずか1つ。ずいぶん成長したと感じます。

MVPは5年生ピッチャー駿です。立ち上がりこそ四球から始まったものの、四球はその1つだけ。打たせてとるピッチングで5回を58球と素晴らしい投球内容でした。このピッチングが続けば勝率は高くなると思います。

優秀選手は拳慎・翔乙の2名です。拳慎はホームランを含む2安打。ホームランは打った瞬間分かるほどで今までで1番いい当たりだったと思います。翔乙は2安打と6つのサードゴロをエラーなく確実にアウトにしてくれました。初回のサードゴロで2塁ランナーを刺したのは見事でした。チーム全体7安打のところキャプテンと副キャプテンで計4安打、2人がチームを牽引しています。

今後もこの2人に期待しながら突き進もうと思います。


2018年4月22日 午前 フレッシュリーグ第1戦 (vs 品野ファイターズ戦) <Bチーム>

4月22日 AM 品野台小学校グラウンドにて18年度最初のBチーム公式戦となるフレッシュリーグ第1戦 品野ファイターズ戦が開催されました。結果は8-7で勝利し、フレッシュリーグ初戦を白星で飾ることができました。

長根JBC先発ピッチャーは4年生の雄干くん。3回を投げて2点を奪われたものの、打たれたヒットは1本のみ、4奪三振、失点はエラーによるもので、先発の役割を果たしました。また、牽制でランナーをアウトにするなど、練習の成果が見られました。

攻撃面では、5年生蒼大くんの2本の長打を含む全打席出塁で3打点と活躍を見せました。

最終回5回に品野ファイターズの猛攻とエラーにより一挙に5点を奪われましたが、最後はライナー性の当たりをレフト5年生の諒大くんが見事にキャッチし、同点を阻止しました。諒大くんはこの試合、いずれもピンチの場面でのレフトへの当たりを三度キャッチする活躍を見せました。

最後は、嫌な展開になりましたが、結果的には、フレッシュリーグ初戦に勝利し、幸先の良いスタートがきれました。

7失点のほぼすべてが、それぞれのポジションで、ミスが重なったことによるものです。このミスを少しでも少なくしていく事で、より強いBチームとなることでしょう。

残りのフレッシュリーグも全員野球で頑張ります。

監督コメント( vs 品野ファイターズ戦)

フレッシュリーグ初戦、5年生以下の試合であるものの先発メンバーに5年生は3人、4年生は5人、3年生は1人で、バッテリーは共に4年生でスタートしました。午後からのAの試合に上手くバトンタッチする為、全力野球で臨みました。終わってみれば8対7でギリギリの勝利となりましたが、勝利でバトンを繋ぎました。

MVPは諒大です。3ついずれも得点圏にランナーをおいてのレフトフライを見事にさばいてくれました。1つでも落としていれば同点・逆転されていた可能性があります。ここ最近では一番成長がみられる選手だと思っています。この調子で頑張れ諒大!!

優秀選手は蒼大・雄干・優太です。蒼大は、四球と2つのツーベースヒットで大活躍しました。雄干は、四球と2つのヒットさらに3イニング2失点と4年生としては上出来の結果でした。優太は3つのキャッチャーフライを取りピッチャーを助けました。1つはダイビングキャッチで見事な捕球でした。

今後のリーグは強敵ばかりです。

さぁ、番狂わせ起こすぞ!!


2018年4月21日 尾張東部少年野球春季大会 第3戦(vs 日進少年野球クラブ)<Aチーム>

雲一つない青空の下、日進少年野球クラブ戦が、長根小学校グラウンドにて開催されました。

長根JBC後攻で始まった試合、毎回、第一打者をエラーにて出塁させてしまうという苦しい展開。でも、6年生ピッチャーの翔乙君が粘りのピッチングをみせると、徐々に選手達も軽快な動きをみせ始め、最終的には8-2で勝利を収めました。

高く上がった単純なフライが太陽と重なりボールを見失う場面が両チーム共に数回ありました。1点を争う場面では、太陽を言い訳にはできません。このようなとっさの状況でも対応できるように、慣れていくしかありません。カバーリング、外野へ飛んだ打球への速やかな返球、次の次(2つ先)の動きを考える事など、徐々に練習成果が見え始めていたり、まだまだ練習が必要だと思える場面もありました。試合によって得られる内容を無駄にしないよう、1試合1試合頑張ろう‼

尾張東部少年野球春季大会も3試合を終え、2勝1敗。予選リーグも残すところ残り2試合となりました。

決勝トーナメント進出を目指し頑張ります。

監督コメント( vs 日進少年野球クラブ戦)

尾張東部第3戦、快晴で迎えた午後2時試合開始。長根小学校のグラウンドはレフト方向のフライが太陽と重なり見えにくくなる時間帯。

まさにそれは起こってしまいました。相手の打ったサードフライ&レフトフライが消える魔球となってしまいました。眩しい時のフライは、グローブで太陽光線を遮ること。そう教えているものの、どうしても眩しい時はある。幸い、そのランナーは残塁としたものの、ホームチームとしては情けない姿である。フライの練習で、眩しい時間帯を避けて行っていたことが間違であったことに気付かされた。今後は眩しい時間帯での練習もしておかなければならないと…。このように試合を通じて発見する事が多々ある。野球は難しい。

試合は見事に勝利し、次につながった。

MVPは翔乙です。毎回ランナーを背負うピッチングも要所を締めて2失点完投。打てば満塁からの走者一掃で3打点。

優秀賞は2名。2打数2安打の拳慎、エンドランを見事に決めた蒼大です。主軸が打てるとチームの雰囲気が良くなり、好循環となります。この調子で次も行くぞ!


2018年4月14日 第33回ろうきん杯1回戦(桃花台スラッカーズ戦) <Aチーム>

4月14日第33回ろうきん杯1回戦 桃花台スラッカーズ戦が佐屋川グラウンドにて開催されました。

1回表の桃花台スラッカーズの攻撃で、エラー、四球絡みでいきなり3点を奪われる苦しい立ち上がりとなりましたが、その裏の長根JBCの攻撃で、相手の隙を突く、打者2巡の猛攻で一挙14点を奪い返しました。

結局、この大量得点で試合を決め、15-5で長根JBCが勝利し、ろうきん杯1回戦を突破しました。

6年生の主力選手が1名怪我により試合に出れない状況の中、4年生2名がその穴を十分に埋めてくれました。

この調子で、2回戦も突破し、更に上位を目指します。

監督コメント( vs 桃花台スラッカーズ戦)

ろうきん杯

蟹江町佐屋川グラウンドという長根JBCにとっては過去1番遠い遠征先となりました。幸い、車酔いした選手はおらず助かりました。

今回もエラーやフォアボールが絡み、3失点の立ち上がりでした。裏の長根JBCの攻撃は、相手エースの調子も良くなかった事や長根JBCの長打により1時間近く攻撃が続き、14得点をあげました。翔乙は2イニングを投げ5奪三振、1ピッチャーゴロでした。失点もしましたが大量援護により勝利することができ、笑顔で長い帰路につくことが出来ました。

MVPは4年生の雄干です。ランナー2・3塁からのライトオーバーのスリーベースヒットは、右バッターでも振り抜いた結果だと思います。6年生の大会で貢献出来ているのは立派です。この調子で活躍して欲しいです。

さぁ2回戦も勝ちに行くぞ!


2018年4月8日(PM) 第3回 市長杯1回戦(水南スパークス戦) <Aチーム>

4月8日13:00~ 幡山西小学校グラウンドにて、第3回 市長杯1回戦 水南スパークス戦が開催されました。

結果は1-3で敗戦となり、残念ながら1回戦敗退となりました。

長根JBC先攻で始まった1回表の攻撃で無得点で終わると、その裏の水南スパークスの攻撃で、四球とエラーで2失点。4回表 4番拳慎くんの犠牲フライで1点を返すも、その裏に再び1点を失い、なかなか追いつくことができません。最終回7回の長根JBCの攻撃で2本のヒットでチャンスを作るも、得点する事が出来ず、そのまま1-3で試合終了となりました。相手を上回る安打を放ちながら、そのチャンスを活かすことができず、また走塁ミスなどでチャンスを潰し、得点につなげる事が出来ませんでした。

ピンチの時こそミスをしない、チャンスの時こそ打てる、そして接戦を制し、勝ち切るチームになるべく、これからもみんなで頑張ろう。

監督コメント( vs 水南スパークス戦)

みんな緊張したのか、普段通りの動きが出来ておらず固さがみられました。当たり前のプレーが出来ずエラーにより失点をしました。打線も繋がらず1得点に終わり、敗退となりました。

目を見張ったのは新4年生ライト優太のカバーリングです。内野ゴロの際の優太のカバーは、忍者のようにあっという間にファースト後方でカバーが出来ている状態でした。そのカバーで救われたシーンもありました。皆、優太の動きを見習って欲しいものです。

まだシーズン始まったばかり、次の試合は勝ちにいくぞ!

 


2018年4月8日(AM) 第33回ろうきん杯争奪 少年野球愛知県大会 開会式 <Aチーム>

4月8日 第33回ろうきん杯争奪 少年野球愛知県大会の開会式がナゴヤドームにて開催されました。

中日ドラゴンズのホームグラウンドであるナゴヤドームでの開会式ということで、選手達の目も輝いていました。

全268チームがろうきん杯を目指して、熱い戦いが始まります。

敗ければ終わりのトーナメント方式。長根JBCもどこまで勝ち進めるか楽しみです。


2018年4月7日 尾張東部少年野球春季大会 第2戦(vs 保見ケ丘少年野球)<Aチーム>

4月とは思えない程の寒さの中、豊田市立西保見小学校グラウンドにて、保見ケ丘少年野球との尾張東部リーグ第2戦が行われました。

試合は11-7で長根JBCが勝利し、尾張東部リーグ第2戦にして初勝利をあげました。

先発したのはAリーグ(6年生以下)の試合でありながら、新4年生となる雄干くん。高学年を相手に堂々たるピッチングで、3回を投げて2失点(それも味方のエラーによる失点絡み)は見事でした。

その後4回からは新5年生の蒼大くんがマウンドを引き継ぎ、4,5回を無失点に抑えました。最終回に少し乱れたものの、最後は新6年生 東くんが相手の攻撃を抑えました。

攻撃面では、3回までは相手ピッチャーにタイミングが合わず、ヒットが出ず、相手にリードを許す苦しい展開となりましたが、相手ピッチャーが変わり、打者2巡目となった4回以降で、ようやく思い切りのよいバッティングが見られ、4~6回で12安打10得点と逆転勝利を納めました。

これで、尾張東部リーグ通算1勝1敗となりました。

尾張東部リーグ残り3戦もこの調子で勝利し、決勝トーナメントに進出しましょう。

監督コメント( vs 保見ケ丘少年野球戦)

レギュラーピッチャー陣の休養と強肩キャッチャー和志を怪我で欠き、ピッチャー新4年生の雄干とキャッチャー新6年生の翔乙の兄弟バッテリーとなりました。

打線に波はあるもの、後半波に乗って安打が重なり得点をあげ勝利することが出来ました。

MVPは拳慎です。

ホームランを含む2安打3打点でした。

もはやマルチヒットは当たり前、どんな長打が出るか楽しみとなっています。

優秀選手は雄干です。

Aの試合で先発を任せられた新4年生。

調子いいとは言えないものの3イニングを投げ2失点。

相手コーチに「今後が楽しみな選手ですね」と褒められていました。

さぁ連戦連戦で忙しくなりますが1試合ずつ大事に戦っていきましょう。


2018年4月1日 第37回 尾張東部少年野球春季大会 第1戦(vs ライジングスターズ) <Aチーム>

2018年度の公式戦がいよいよ開幕しました。

初戦は尾張東部少年野球春季大会 ライジングスターズ戦です。本大会はAチーム(6年生以下)の大会で、全46チームが8ブロック分かれ、各ブロック5~6チームの総当たり戦にて上位2チームが決勝トーナメントに進むことができます。大会期間は3月末~5月中旬までと短期決戦となります。

 

試合の方は、残念ながら5-10で敗戦となり、2018年度初戦を白星で飾ることはできませんでした。

4回までは5-3とリードしていたものの、5回にライジングスターズの猛攻で一挙7失点。悔しい逆転負けとなりました。

守備に課題を多く残す結果となり、試合後の反省会で課題を明確にし、早速練習に取り組みました。

 

予選リーグは残り4戦あります。すべて勝ち、そして決勝トーナメントに進めるよう、チーム一丸となって頑張ります。

本年度も何卒、温かいご声援をお願い致します。

監督コメント(vs ライジングスターズ戦)

尾張東部初戦

非常に残念な敗戦となりました。

いつものようにエラーや走塁ミスもありましたが、今回ばかりは相手チームの打撃を褒めるしかありません。5回表、相手チームの攻撃、フォアボールは1つもなく、長打・スクイズと見事に相手チームの思うがままにやられてしまいました。素晴らしいチームだったと思います。

負けたものの長根JBCも8安打ありました。

悠樹の先頭打者センター前ヒット、2打席目のレフト前ヒット、最近覚醒しています。

次もマルチ期待したいです。

剛紀も最近当たり出しており今回はレフトオーバーのツーベースヒット!とても格好良かったです。良波の三遊間を早々と抜けるレフト前ヒットもとても良かったです。

皆バッティングマシンを使った練習が身を結んでいるように感じます。

さぁ始まったばかり、次は勝利目指して頑張ろう。