2018年5月の長根JBC

2018年5月27日 チャレンジリーグ第3戦 (vsブルファイターズ戦) <Cチーム>

5月27日(日)本地ヶ原小学校グラウンドにてチャレンジリーグ第3戦ブルファイターズ戦が行われました。

10-2で勝利し、Cチームとして初勝利となりました。

Cチーム(4年生以下)の大会とは言え、この試合には1年生たかとくん、2年生あゆむくんも先発に名を連ね、途中同じく2年生のれいくんも出場する機会がありました。この3選手にはヒットは出なかったものの、あゆむくんの四球での公式戦初出塁もあり、またれいくん、たかとくんもしっかりとバットを振ることが出来てました。今後が非常に楽しみな1,2年生です。

この試合は、投げては2投手で5回2失点、打っては10安打の猛攻で10得点とまさに投打が噛み合う試合展開となりました。

これでチャレンジリーグ通算1勝1敗1分となりました。

まだまだ戦いが続きます。更に選手一丸となって頑張ろう。

監督コメント( vs ブルファイターズ C戦)

4年生以下初勝利をかけた戦いでした。1年生や2年生もデビューしました。まだまだルールも勉強中ですが、今後とても期待が持てるスイングを見せてくれました。試合は上位打線がつながり11安打10得点と申し分ない展開となりました。投げては雄干が4回まで2失点、守備も、ほぼエラーなく練習の成果を見せてくれました。

MVPは善斗です。先制点が欲しいところでタイムリーツーベース、追加点が欲しいところでタイムリースリーベースと持ち前のパンチ力で長打を見せてくれました。

優秀選手は瑛水・優太・雄干・秀隼です。瑛水は先頭バッターの役割を果たし、2安打1エラーで3つの出塁をして全てホームを踏む事が出来ました。優太も2安打1エラーで3つの出塁をして計4盗塁と走塁の上手さを見せてくれました。雄干は4回まで投球数46球で省エネ投法で与四球1と見事なピッチングを披露してくれました。秀隼は3年生ながら5番打者としてチーム10得点中2安打4打点の活躍をしてくれました。

次のCの試合も連勝して勢いに乗りたいところです。


2018年5月26日 第62回中日大会瀬戸予選2回戦 (vs 西陵少年野球クラブ戦) <Aチーム>

5月26日(土) 第62回 中日大会瀬戸予選2回戦(1回戦シード)、西陵少年野球クラブ戦が瀬戸市民球場にて行われました

結果は10-4で勝利し、準決勝進出を果たしました

2回、3回の失点で4点を先制され、嫌な流れになりましたが、3回裏の長根JBCの攻撃で打者一巡(打者16人)の猛攻で、一挙10得点を挙げ逆転に成功しました。6本の長短打、相手の隙を突く攻撃は見事でした。

4回以降は相手に得点を許さず、そのまま逃げ切りました。

4失点は、四死球やエラー、パスボールによるもので、無駄な得点を相手に与えてしまいました。1点を争う試合では、これらのミスが致命的になります。攻撃面でも3回以外は得点を奪う事が出来ず、更なる積極的な、力強いバッティングが求められます。

また、追いかける展開になった時こそ、チーム全体で盛り上げていかなければ更に上へは行けません。

とにかく、準決勝進出を果たしましたが、すぐに決勝への切符を掴むための大事な戦いがやってきます。

選手一丸となって、長根旋風を巻き起こしましょう。

監督コメント( vs 西陵少年野球クラブ戦)

小学校での試合が多い中、市民球場といういい球場で試合をする事が出来ました。

西陵少年野球クラブは1回戦で勝ち上がってきたチーム、過去に公式戦での対戦はなく、選手は不安な立ち上がりとなりました。2回表、長根JBCの守備はエラーからのスタートとなってしまいました。その後、四死球やヒットを打たれ3点を献上し、最大0対4からの厳しい展開となりました。3回裏、長根JBCの攻撃は6安打四死球等で一挙10得点をあげ、なんとか勝利する事が出来ました。

MVPは翔乙です。調子は良くなく、投球数が多過ぎましたが、要所を締めて5回を完投しました。

優秀選手は剛紀と良波です。共に満塁のチャンスでボールをとらえ、センターへのタイムリーヒットを打ってくれました。

次も全員野球で勝ち上がるぞ!


2018年5月20日 フレッシュリーグ第3戦 (vsブル ファイターズ戦) <Bチーム>

5月20日(日) フレッシュリーグ第3戦 ブル ファイターズ戦が本地ヶ原小学校グラウンドにて開催されました。

結果は6-10で敗戦となり、フレッシュリーグ通算1勝2敗となりました。

1,2回に6失点と、いきなり追いかける展開となりました。5回に5-6と1点差まで追いつきましたが、最終回となった6回に4点を奪われると、その裏の攻撃では1点を取るのが精一杯でそのまま試合終了となりました。何ともないゴロの捕球ミス、満塁からの走塁ミス、下位打線に与えた四球等、守備面でも攻撃面でもエラーが多く、与えなくてよい得点を相手に与え、取れるはずの得点を取ることができませんでした。

プレーだけでなく、野球のルールを学ぶ必要のある選手が多く、色々な課題が見えたブル ファイターズ戦でした。

公式戦ここ5試合勝ちがありません。負けて悔しいと本当に感じている選手がどれくらいいるでしょうか・・・。

 

ブル ファイターズの皆さん、ありがとうございました。次週はチャレンジリーグ(Cチーム)の試合がありますので、また宜しくお願い致します。

監督コメント( vs ブルファイターズ戦)

4年生以下は前日の富士シャーク戦に続き、連日の試合となりました。

スタメンの5年生は3人、バッテリーは4年生での立ち上がりとなりました。この日も単純なエラーによる失点から始まってしまいました。普段の練習でエラーをしない選手までエラーをすると、それは不思議と連鎖してしまい、2回までで4つのエラーと1フィルダースチョイスとなり6失点となりました。追い上げの機会もありましたが、残念ながら敗退となりました。

ただ、ヒット数は相手チームより上回っていたことをみればチャンスはあります。

次は絶対勝つぞ!


2018年5月19日 チャレンジリーグ第2戦 (vs 富士シャーク戦) <Cチーム>

5月19日午後 長根小学校グラウンドにてチャレンジリーグ第2戦 富士シャーク戦が行われました。

季節の変わり目らしく、強い風がグラウンドの土を巻き上げる中での試合となりました。

結果は5-5の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合いました。

これで、チャレンジリーグ通算1敗1分けとなり、未だ白星がありません。

エラーも多く、勝てる試合を落としてしまいました。それでも少しずつでもレベルアップしていることは間違いありません。

初勝利を目指して、次は絶対勝つぞ!

監督コメント( vs 富士シャーク戦)

台風かと思わせる強風吹き荒れ、砂埃が舞い、試合が一時止まるほどの試合となりました。

4年生以下のチャレンジリーグ、しかし相手選手は皆3年生以下でした。長根JBCも2年生や3年生がいるものの4年生が6人おり、負ければ恥ずかしいと送り出しました。

初回、先制していい展開で迎えたものの、いつものようにエラーからの失点が始まってしまいました。結果、ギリギリ同点に追いついて終わったという感じでした。

また、富士シャークの監督さんに感銘を受けました。強いチームであっても低姿勢で奢り高ぶることなく、チームの教育方針や指導方法などを教示頂きました。周りから愛される監督なのでは…と思いました。選手、スタッフ共に良いチームでした。


2018年5月12日 午後 尾張東部春季大会第5戦 (vs ペイ・フォワード戦) <Aチーム>

5月12日午後 瑞鳳小学校グラウンドにて尾張東部春季大会第5戦 ペイ・フォワード戦が行われました。

結果は2-4で敗戦となり、尾張東部春季大会リーグ戦通算3勝2敗で、予選リーグ全試合を終えました。

結果は敗戦となりましたが、5月とは思えない暑さの中、選手達はよく頑張り、予選リーグ最終戦にふさわしく、両チーム共に引き締まった試合となりました。

長根JBCの先発6年生ピッチャー翔乙君が本当に頑張りました。打たせて捕るピッチングを見せ、5回まで毎回打者を3人で抑え、四球も0でした。守備でもレフト東くんが左、右への打球に素早く反応し好守備をみせてくれました。

両チーム共、堅い守りで、1点が遠い試合となりましたが、疲れが見え始めた終盤6回に試合が動き始めました。6回表のペイフォワードの攻撃では、長根JBCの四球とエラーによりノーアウト満塁のピンチとなりましたが、それでも全員プレーで何とか1点で乗り切る事ができました。1点を追いかける、その裏の長根JBCの攻撃では、2本のヒットで1点を取り、6回を終えて1-1の同点で最終回を迎えました。迎えた7回の最終回、四球と、焦りから出てしまったエラー、そしてフィルダースチョイスにより、ツーアウトから3点を奪われ、その裏の長根JBCの反撃は連続ヒットと相手のエラーにより1点を返し、1アウト満塁としたのですが、あと1本が出ず、そのまま2-4でゲームセットとなり悔しい敗戦となりました。

しかし、この試合はピンチの時に練習の成果を発揮するような堅い守りが出たりと、良い所もありました。また、ランナーコーチャーとして、しっかり役割を果たしてくれていましたし、全員で全力野球が出来たのではないかと思います。ただ、本当にピッチャーが頑張っていただけに、最近上向いてきた打線で援護が出来ると良かったなと、悔しさが残ります。まだまだ努力が必要だという事も痛感致しました。

ペイ・フォワードの皆さん、本日は素晴らしい試合を有難うございました。近隣校でもありますし、また試合をさせて頂ければ幸いです。

監督コメント( vs ペイ・フォワード戦)

尾張東部リーグ最終戦、勝てば決勝トーナメント進出、負ければ敗退の大事な一戦でした。

5回まで0対0で息詰まる投手戦。先発翔乙は5回まで守備の助けもあって全てのイニングを3人で終わらせていました。6回から納得いかない球審の判定に苛立ち冷静さを失い、投球が乱れました。また、走塁ミスや守備の乱れもあり敗戦となりました。

ただ安打数では相手チームが3、長根JBCは5であり、良いピッチャーにも対応が出来ていた感じがしました。

次は更なるヒットによる得点と、ノーエラーを目標に練習して、勝ちを目指します。



2018年5月4日 フレッシュリーグ第2戦(vs 富士シャーク)<Bチーム>

ゴールデンウィーク真っ只中の5月4日(金) 志段味スポーツランド第2少年野球場にてフレッシュリーグ第2戦 富士シャーク戦が開催されました。

対戦相手の富士シャークは数々の大会で輝かしい成績を残している強豪クラブチーム。今年度の富士シャーク Bチームも負け知らずと強敵との戦いになりました。

初回、富士シャークの攻撃を三者凡退で退けると、その裏の長根JBCの攻撃で3番 蒼大くんのレフトオーバーのツーベースヒットで先制する上々の立ち上がりを見せましたが、2回以降は四死球、エラーで失点を重ね、終わってみれば1-11での大敗となりました。

これでフレッシュリーグの通算戦績は1勝1敗となりました。

 

強豪チームと対戦できたことは選手にとっても良い経験になったことでしょう。レベルの差を感じると共に、改めて選手個々の更なるレベルアップの必要性を痛感しました。

選手個々のレベルアップというのは、打撃、守備だけではありません。あらゆる状況に瞬時に判断し、対応できる能力も養っていく必要があります。簡単な事ではありませんが、これからの練習や試合経験により学び、意識を変えていってもらいたいです。

 

ゴールデンウィーク中にもかかわらず、多くのご声援ありがとうございました。

富士シャークの皆さん、胸をお貸し頂きありがとうございました。チャレンジリーグ(Cチーム)の試合も宜しくお願い致します。

監督コメント( vs 富士シャーク戦)

終わってみれば1対11の大敗を喫しました。各市町村の選手が集まった強豪クラブチームに、1小学校の野球部が勝つ事は現実問題難しいというのは誰もが周知していること。そこで何か起こるかもしれないと勝利を夢見て挑む小学校のチームは少なくありません。しかし、現実はそう甘くはなく、3安打1得点と抑え込まれ結果惨敗で終わりました。しかし、この大敗はフォアボールやエラーによる失点が多く、もっと防げたものもありました。正直、もっと良い試合が出来たはずです。

練習を積んでまた夢見せてもらいます。


長根JBC新入部員募集!!

4月の長根JBCの体験会に1年生から4年生までの計9名の元気な児童が遊びに来てくれました。

キャッチボールやティーボール形式のゲームなどで、野球の楽しさのほんの一部を体験してもらいました。

これから一緒に野球をし、更に野球の楽しさを感じて欲しいです。

また、野球を通じて、たくましく成長することは間違いありません。1人でも多くの入部をお待ちしております。

 

★5月12日(土)17:00より、長根小学校の会議室にて野球部総会(野球部保護者会)を開催致します。

野球部への入部を迷っている方も一度お話だけでも聞かれては如何でしょうか。どんどん質問して下さい。

1年生から、女子児童も入部可能です!

 

★5月20日(日)、5月27日(日) いずれも13:00~ 長根小学校グラウンドにて体験会を実施します。

野球部総会にご参加されなかった方でも、構いません。一度体験されてから入部を判断されては如何でしょうか。

ご参加される方は、帽子、飲み物、グローブ(お持ちの方)を持参の上、動きやすい服装にてお越し下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

長根JBC コーチ 部員 一同

2018年4月の体験会の様子