2019年9月の長根JBC

2019年9月29日(日) 第38回 尾張東部秋季大会1回戦(緑ヶ丘ウィングス戦)<Aチーム>

2019年9月29日(日) 長根小学校グラウンドにて、第38回 尾張東部秋季大会1回戦、緑ヶ丘ウィングス戦が開催されました。

尾張東部秋季大会は、名古屋、尾張旭、日進、瀬戸地区から全46チームが参加しての、負けたら終わりのトーナメント戦となります。

まずは初戦となる緑ヶ丘ウィングス戦(1回戦)。結果は、8-3で勝利し、尾張東部秋季大会1回戦を突破、2回戦に駒を進めました。

0-0で迎えた2回、緑ヶ丘ウィングスにホームランを打たれ、1点を先制されますが、その裏の長根JBCの攻撃で、6年生 諒大くんのスリーランホームランで3-1と逆転します。3回にも相手のエラーなど、隙をついて3点を追加、5回にも2点を追加し、合計8得点を挙げ、勝利を収めました。勝利は収めたものの、エラーもいくつかありました。走塁面、バッティングにおけるストライク、ボールの見極めにもいくつか課題はありました。トーナメントを勝ち進むためには、少しでもミスを少なくしなければなりません。

さあ次は、2回戦、大清水クラブ戦。長根JBC全員野球で、更なる高みを目指そう。 

監督コメント(緑ヶ丘ウィングス戦を終えて)

上位打線が打てなかったものの湿りがちだった下位打線が奮起し、待ちに待っていた打線が繋がりました。

完全に打ち勝った試合となり、2回戦へと進む事が出来ました。

MVPは諒大です。

1点ビハインドの2回、2アウト1.2塁で2B2Sからの5球目、インサイドのボールを強振、サードの頭上をライナーで超え、打球は3塁線を破り、逆転スリーランホームランとなりました。

素晴らしいバッティングでした。

優秀選手は駿・舜大です。

駿はコントロールも安定しており、バッティングでも2打点と活躍しチームを引っ張ってくれました。

舜大は代打で与えられた1打席を見事にレフトへクリーンヒット放ち、自らもホームベースを踏んで得点としました。

日替わりで活躍する選手が出ると嬉しいです。

次戦も打ち勝つ野球を目指して勝ち上がろう!


2019年9月23日(月祝)  第7回 グリーンシティケーブルテレビ学童交流軟式野球大会2回戦(幡山西少年野球クラブ戦)<Aチーム>

2019年9月23日(月祝) 瀬戸市民球場にて、第7回グリーンシティケーブルテレビ学童交流軟式野球大会2回戦(1回戦シード)、幡山西少年野球クラブ戦が開催されました。

結果は、5-7で敗戦となり、グリーンシティケーブルテレビ学童交流軟式野球大会は2回戦で敗退となりました。

1回に幡山西少年野球クラブに2点を先制されるも、2回に4本の長短打で5点を奪い逆転します。しかし、3回に1点、4回に4点を奪われ再び逆転を許すとそのまま5-7で試合終了となりました。

一度は逆転していただけに、悔しい敗戦となりました。この試合、9本もの飛球が外野に飛び、内捕球は3つでした。強豪チームとの試合になればなるほど、外野への打球も多くなります。つまりは、上を目指すためには、安打性の当たりをどれだけアウトにできるかということが重要になります。9月22日のBチーム、23日のAチームの試合は、守備の重要性を特に痛感させられた2試合でした。

練習すればするほど上達するのは間違いありません。この悔しさを糧に、もっともっと練習して、必ずやリベンジしよう!


監督コメント(幡山西少年野球クラブ戦を終えて)

チーム力としては敵わない相手ですが、一時逆転し、勝機も伺えた試合でした。
ただ相手の打線は下位打線もしっかりと打てる選手が揃っており、全てにおいて長根は下回りました。
駿の走者一掃の逆転タイムリースリーベースヒットで優勝候補を脅かしたのは雑草長根JBCも相手にならないチームではない事を思い知らせたのではないでしょうか?
とはいえ、力の差は歴然です。
多少ピッチャーが乱れても打ち勝つチーム作りをしたいものです。


2019年9月22日(日) フレッシュリーグ 第8戦(vs ブルファイターズ戦) <Bチーム> 

2019年9月22日(日) フレッシュリーグの予選リーグ最終戦となる第8戦 ブルファイターズ戦が長根小学校グラウンドにて開催されました。

結果は、2-10で敗戦となり、フレッシュリーグ予選を2勝6敗で終えました。

3回までは、両チームの投手、守備が踏ん張り、0が並びました。迎えた4回表ブルファイターズの攻撃で、長根JBCの3つのエラーや四球などで6点を失うと6回にも3つのエラーで4失点。6回に3本のヒットで2点を返しますが、反撃もここまで、2-10での敗戦となりました。

4回、6回以外はエラーはなく、エラーがなかった回は相手に得点を許しませんでした。また、相手に与えたヒットは1本のみ、一方の長根JBCは、5本のヒットを放ったことを考えると、打撃力では負けておらず、守備(エラーの数)の差で負けた試合ではないでしょうか。

これで、フレッシュリーグの予選は終わりとなりますが、まだ決勝トーナメントが残されております。

決勝トーナメントまでに、守備の強化を図り、頂点を目指しましょう。 


監督コメント(ブルファイターズ戦を終えて)

3回まで両チーム0点の好ゲームスタートとなりました。
しかし、4回からピッチャー雄干が崩れ、さらに内野陣の守備の崩壊により一挙6失点となり試合が決まってしまいました。
安打数では3本も上回ったものの打線が繋がらず敗戦となりました
しっかり守れる野球を目指して練習あるのみ。


2019年9月21日(土) 第15回 尾張東部教育リーグ 第1戦(vs ライジングスターズ戦) <Cチーム> 

2019年9月21日(土) Cチーム(4年生以下)による、第15回 尾張東部教育リーグ 第1戦 ライジングスターズ戦が長根小学校グラウンドにて開催されました。Cチーム(4年生以下)による、日進市、東郷町、名古屋市、みよし市、長久手市から参加したチームと全5試合を戦う、教育を主としたリーグ戦です。2019年度 長根JBCチームにとって、初の公式戦となります。

4年生以下の大会ではありますが、長根JBCは2年生や今年の5月より入部したメンバーも戦力として試合に挑みます。

試合は、7-5で見事勝利し、初戦を白星で飾りました。

ライジングスターズ先行で始まった試合は、初回に3連打を浴びるも最少失点の1点で切り抜けます。その裏の長根JBCの攻撃では、相手の四球でチャンスを作り、盗塁でチャンスを広げるとワイルドピッチで2点を挙げ逆転します。2回の攻撃でも3本のヒットを絡めた打者一巡の攻撃で5点を奪い7-1と優位に試合を進めることができました。3回以降は得点を挙げることができず、じわじわと点差を詰め寄られますが、7-5で逃げ切り、勝利することができました。

ピッチャーとして出場した4年生柚果さんが、5回を投げ切って、無四球完投は見事でした。

しかし、相手ピッチャーが代わった3回以降、得点を挙げることができませんでした。制球が良いピッチャーとの対戦時は、打って点を取らなければならず、これから打撃も磨いていかなければなりません。

ともあれ、Cチーム公式戦初勝利、おめでとう!

短期間の大会ではありますが、短い期間で急成長する選手たちの、この大会が終わるころの成長が楽しみです。

監督コメント(ライジングスターズ戦を終えて)

いつものように先制されて始まった試合ですが、いつと違ったのは四球を出す事がなかったことです。
やはり四球出さなければ多少ヒットを打たれても締まった試合になる事を実感しました。
MVPは柚果です。
背番号1を背負い無四球完投。また4番として安打を放って試合を作ってくれました。
ただ、次の塁を狙う、仲間に声をかけるなど主軸としての働きはまだまだだと感じました。これからはチームを引っ張っていってもらいたいです。
優秀選手は怜、歩悠です。
怜は先週のヒットに続き今日も綺麗なライト前ヒットを放ちました。また、2四球を選び全打席出塁しました。
歩悠は慣れないファーストでノーエラー、送球を逸らす事がありませんでした。また、内野安打も放ちました。
まだまだ発展途上のCチームですが、連勝が続くよう練習していきましょう!

2019年9月15日(日) 練習試合(グレートピジョン戦) <Cチーム> 

2019年9月15日(日) Cチーム(4年生以下)による、グレートピジョンとの練習試合が白鳳小学校にて行われました。

スコアは5-4にて勝利。Cチームの試合とは思えない締まった試合展開となりました。

初回にエラーで1点を奪われますが、2回~5回までは無失点と安定した守備を見せてくれました。相手2投手は素晴らしく、なかなか得点を挙げることが出来ませんでしたが、3回に3本の長短打、四球、エラーなどで一挙5得点で逆転します。最終回となった6回に、3つのエラーで3点を奪われ、1点差まで詰め寄られますが、最後のバッターをファーストゴロに打ち取り、5-4で試合終了となりました。

練習試合とはいえ、初めて対外チームとの試合に出場した選手もおりました。練習試合に帯同した2年生~4年生までのすべての選手が試合を経験でき、また、接戦での試合展開も選手にとって、貴重な体験となったことでしょう。

エラーもたくさんありましたが、今はエラーを恐れず、伸び伸びプレーをし、楽しく野球をして欲しいと思います。 

監督コメント(グレートピジョン戦を終えて)

初回、1点を先制され嫌な立ち上がりからスタートしましたが、3回相手のエラー絡みで2点を取り、秀隼の2ランホームラン怜のタイムリーで5点をとり逆転!2回以降粘りの投球で勝利を収めることができました!!

MVPは秀隼です。投げてはノーヒットノーラン、打ってはホームランと投打で活躍してくれました!

優秀選手は柚果、怜です。柚果はマルチヒット、怜はタイムリーと勝利に貢献してくれました!

まだまだエラーも多く発展途上のCチームですが、次の試合に向け個々のレベルアップにも期待したいです!


2019年9月14日(土) フレッシュリーグ第7戦(旭丘ファイターズ戦) <Bチーム> 

2019年9月14日(土) フレッシュリーグ第7戦 旭丘ファイターズ戦が旭丘小学校にて行われました。

結果は、4-5での惜敗で、フレッシュリーグ通算2勝5敗となりました。

旭丘ファイターズ先攻で始まった試合は、初回いきなりエラー絡みで4点を奪われます。しかし、その裏の長根JBCの攻撃で3番玲奈さんのツーランホームランや、3回の攻撃で2点を返し同点とします。迎えた6回の旭丘ファイターズの攻撃で決勝点となる1点を奪われ、そのまま4-5で試合終了となりました。

2回以降、安定した守備を見せていただけに、初回の4失点が悔やまれます。

春より行われてきたフレッシュリーグ予選は、いよいよ残り1試合となりました。この大会を通じて成長してきた姿を最終戦に見せて欲しいと思います。 

監督コメント(旭丘ファイターズ戦を終えて)

初回の取れない投げれない等度重なるエラーで4失点したのがすべてでした。

重くのしかかった4点で試合が決まってしまいました。

またチャンスに打てず残塁の山になったのも敗因の1つでした。

もっともっと練習してエラーの少ない試合にしていきましょう。

玲奈のレフトオーバーは素晴らしかったなぁ。


2019年9月8日(日) 第15回紅葉杯少年軟式野球大会2回戦(下小ビクトリー戦) <Aチーム>

2019年9月8日(日) 陶原小学校グラウンドにて、第15回紅葉杯少年軟式野球大会2回戦 下小ビクトリー戦が開催されました。

結果は、2-5で敗戦となり、紅葉杯は2回戦で敗退となりました。

まともに相手に与えた安打はなかったものの、牽制悪送球からの失点に始まり、フライへの判断ミス、悪送球、走塁死、四球が多く、この試合は、守備・走塁面でのエラーが、まさに自滅となった試合でした。

守備、走塁に多くの課題を残し、長根JBCにとっての紅葉杯が幕を閉じました。

同時に、6年生にとっての残りの公式戦・大会がまた一つ終わることになります。選手一人一人が悔いを残さないよう、残りの公式戦、精一杯戦って欲しいと思います。


監督コメント(下小ビクトリー戦を終えて)
 長根JBCの悪いパターンが出てしまいました。
 走塁ミス、守備ではエラーで気付くと10以上のミスを重ねてしまい、またいつものように安打では相手チームより上回るものの敗戦に終わってしまいました。
 Aチームの大会も残りわずかとなってきました。攻守にわたって6年生の奮起に期待します。

2019年9月1日(日) 第15回紅葉杯少年軟式野球大会1回戦(西陵少年野球クラブ戦) <Aチーム>

2019年9月1日(日) 長根小学校グラウンドにて、第15回紅葉杯少年軟式野球大会1回戦 西陵少年野球クラブ戦が開催されました。

結果は、11-3で勝利し、2回戦進出を決めました。

長根JBC先行で始まった試合は、1回長根JBCの攻撃が三者凡退で終わると、その裏の西陵少年野球クラブの攻撃で、四死球とヒットで1点を先制されます。2回、3回と得点を奪えず、嫌な流れが続きましたが、迎えた4回表、長根JBCの攻撃で打線が爆発します。打者一巡、15打者による9本もの安打により、一挙11得点を挙げ一気に逆転します。4回裏に2点を返されるものの、11-3で勝利することができました。守備も比較的安定しており、練習の成果が随所に見られました。4回に見せた長根JBCの攻撃力は見事でしたが、それ以外の回ではゴロの山を築きました。4回以外にもチャンスはあり、もっと点を取れる場面はあったことを考えると、まだまだ課題は多いように思われます。

次は、下小ビクトリーとの2回戦。西陵少年野球クラブ戦のような積極的なバッティングで、打ち勝つ野球を期待しております。

監督コメント(西陵少年野球クラブ戦を終えて)

紅葉杯の初戦は見事な逆転勝ちでスタートしました。

初回に先制され、攻撃では3回までノーヒット、嫌な流れでしたが長根JBCには珍しい連打連打で一挙に11点を奪いました。

ただ、この逆転を生んだのは追加点を許さなかった守備のおかげだと思います。

センター諒大の完璧なセンターゴロなど内外野共に逆転するまでノーエラーで試合を進める事ができました。

MVPは駿です。

初回の失点はいただけませんが、先発として5イニングを3失点にまとめて完投。

そしてなんと言っても追加点が欲しい場面での驚異的な粘りからの満塁ホームラン!

キャプテンが大きな仕事をしてくれました!

次戦も投打にわたる活躍を期待します。

優秀選手は蒼大、玲奈です。

蒼大は2安打3打点と主軸に相応しい活躍をしてくれました。セカンドベースでの力強いガッツポーズをもっともっと見たいです。

玲奈は当たり損ねのゴロを持ち前のスピードでセーフにし、更に次の打席では火の出るような当たりをセンターに打ち込みました。

やはり中軸を担う3人が活躍すれば勝利に大きく近づきます。

残された大会もあとわずかです。一戦一戦を大切に頂を目指して頑張ろう!!