2019年5月の長根JBC

2019年5月25日(土) フレッシュリーグ第3戦(vs 西陵少年野球クラブ)<Bチーム>

2019年5月25日(土) Bチーム(5年生以下、女子は6年生まで参加可)の大会、フレッシュリーグ第3戦 西陵少年野球クラブ戦が長根小学校グラウンドにて行われました。

結果は8-6で勝利し、フレッシュリーグ通算1勝2敗となりました。

この5月に長根JBCの新たなメンバーとなった2名も、さっそく試合に出場しました。

チーム全体で9安打で8得点と、相手を上回る安打数を放ちました。2点差で迎えた最終回にマウンドに上がった4年生秀隼くんが、3つのアウトをすべて三振で奪う活躍で、試合を締めくくりました。

2019年度Bチーム公式戦 初勝利、そして長根JBCにとっての記念すべき令和1勝目となりました。

さあ、この勢いのまま、どんどん勝利を重ねて行こう!

監督コメント(西陵少年野球クラブ戦を終えて)

ピッチャーの調子は良くなかったものの自慢の長根打線が火を噴き、毎回得点で勝利を収めることが出来ました。

MVPは雄干です。

3打数3安打でセンターオーバーのスリーベースヒットを放ち、怪我の影響を感じさせないスイングができ、勝利に貢献できました。

優秀選手は玲奈・柚果・秀隼です。

玲奈は4番バッターとしての役割を果たし、ツーベースヒット含むマルチ安打で試合を優位に進めました。

柚果は持ち前の思い切りの良さでフルスイングして右中間を破るエンタイトルツーベースヒットを放ち、存在感を示しました。

秀隼は打撃で沈黙が続いていましたが、ついにレフトへのクリーンヒットを放ち、調子が上向きである事を感じさせてくれました。

また、最終回抑えを任せられ、1四球はあったものの3者三振で試合を締めてくれました。

この1勝でチームに勢いをつけ連勝といきたいところです。


長根JBC新入部員

長根JBCに9名もの新たなメンバーが加わりました。

長根JBCの一員として、「野球」も「心」鍛えられ、大きく成長してくれることでしょう。

皆さん、宜しくお願い致します。


2019年5月19日(日) フレッシュリーグ第2戦(vs 森孝イースト)<Bチーム>

2019年5月19日(日) Bチーム(5年生以下、女子は6年生まで参加可)の大会、フレッシュリーグ第2戦 森孝イースト戦が長根小学校グラウンドにて行われました。

結果は3-6で敗れ、フレッシュリーグ通算0勝2敗となりました。

3回までは、4番玲奈さんのHRなどで3-2とリードしますが、4回に2つのエラーや四球などで3点を奪われ逆転されます。4回以降は得点することができず、3-6で試合終了となりました。

やはり、大事なところでエラーをした方が負けるということを改めて感じさせられました。

2019年度Bチームも未だ公式戦 未勝利、Aチームと合わせて連敗が続いています。

なんとか負の連鎖を断ち切らなくてはなりません。選手一人一人が強い気持ちを持って試合に臨んでくれることを期待します。

監督コメント(森孝イースト戦を終えて)

開始の勢いは尻すぼみとなり、敗戦となりました。

やはりピッチャーが打ち取ったあたりを内野がミスしていてはいい流れにはなりません。

敗戦であったものの特大2ランホームランを放った玲奈は存在感を見せつけました。

善斗も打撃の調子が良く、ツーベースを含む2安打を放ち、信頼度が高くなっています。

長根JBCの打線は敗戦でも安打数は相手チームを上回っている事が多いのでその良さは伸ばしていきたいものです。


2019年5月11日(土) 第63回中日少年大会瀬戸予選1回戦(vs 西陵少年野球クラブ)<Aチーム>

2019年5月11日(土) 第63回 中日少年大会瀬戸予選1回戦 西陵少年野球クラブ戦が南公園グラウンドにて開催されました。

昨年の大会で優勝を果たし、連覇を目指して挑んみましたが、結果は、5-9で敗戦となり、残念ながら1回戦敗退となりました。

守備に関しては、エラーが多すぎました。記録となるエラーだけでも5つ。それ以外にも多くのミスがありました。また、わずか3安打と打線も沈黙し、常にリードを許す展開となりました。

すべてにおいて、さらなるレベルアップが必要であることを痛感しました。

次の試合に向けて、練習あるのみ!

監督コメント(西陵少年野球クラブ戦を終えて)

悪い流れはエラーを重ね、走塁ミスを呼び、最後まで断ち切る事が出来ませんでした。

もっともっと厳しい練習が必要であると感じました。

次の試合は勝利にこだわって勢いをつけたいと思います。

落ち込んでいる暇はない!練習練習!


2019年5月12日(日) 尾張東部春季リーグ第5戦(vs 三好コミュニティーズ)<Aチーム>

2019年5月12日(日) 尾張東部春季リーグ第5戦 三好コミュニティーズ戦が長根小学校グラウンドにて開催されました。

結果は、2-15にて敗戦となり、尾張東部秋季リーグ通算1勝4敗で、リーグ戦を終えました。

2回までは、0-0と締まった試合となりましたが、3回に4本の長短打、2失策も絡めて一挙7失点。その後も失点を重ね、15失点、2得点と良いところなく試合が終わりました。

尾張東部春季リーグも終わり、長根JBCは予選敗退となりました。

この悔しさをバネに、選手一人一人の奮起を期待します。

監督コメント(三好コミュニティーズ戦を終えて)

ここ最近の負けパターンから抜け出せませんでした。

守備が投手を助けてやれず、失点を重ねてしまいました。

攻撃でも、四球やエラーでもらったチャンスをサインミスもあり活かすことができませんでした。

優秀選手を1人。

舜大は簡単なフライを取るのはもちろんですが、この試合ではダイビングキャッチのファインプレーがありました。

またその後のポテンヒットになりそうなあたりを大きな声で「オーライ!」と声をあげて捕球する事ができました。

今外野では最も信頼できる選手となりつつあります。

未だに令和未勝利です。次は必ず勝とう!